1月7日の為替動向です。

ポイントは2点です。
一つは、国内輸出関連企業のドル売りが始まること、
二つ目は、テクニカル面でクロス円の過熱感があり、
いつ調整売りが入ってもおかしくない状況です。

ドル円・クロス円が調整に入りそうな感じですが、
思わぬ資金が、円安を推進するかもしれませんので、
注意が必要です。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »