■一般的にFX取引とはどのようなものか


さて、例えばドルと円を交換すること、つまり両替することをFXというのです。 英語で言うところのForeign eXchangeで、その頭文字をとったものです。 即ちこれは、他国の通貨・ドルと日本の通貨・円との比較や状態を意味し、交換する時は1ドルが昔は80円、又は最近では110円の意味を持ちます。 

80円で交換するのと110円で交換するのでは、どちらが得でしょうか、当然80円のほうが得ですよね。 つまり同じ1ドルでも30円も得していて、それだけ円の価値が動いている、変動しているということになります。

 このことは逆のことも言えて、ドルを円に交換する場合も当然ながら逆の現象で当てはまり、損益でも当てはまることになります。

通貨を別な通貨と両替、交換することをFXと言いますが、これは旅行の時ばかりでなく、外貨取引や外貨預金をするときも此のような形になり、又、此のような状態を常時交換、取引をすることをFX取引というのです。

■FX取引の内、レバレッジとは何でしょうか


FX取引というのは、専門的に言うと外国為替証拠金取引とか言うそうで、このF X取引の本来の目的は、通貨のペア(2種類以上の通貨)のレートの変化を見ながら取引するもので、此の取引で利益(損失もある)を得ようとする取引方法なのです。

勿論、FX取引というのは実際は大量に売買しますし、つまり取引できる資金のみならず、FXの特徴として資金の何十倍(今は法的に25倍)もの取引が出来ることで、これによって利得(当然ながら逆の場合は損益もある)が25倍発生するわけです。

此のような取引条件を「レバレッジ」といって、預け入れた資金(証拠金)に対して最大25倍までの取引ができるのです。 

FX取引は、その他にの色んな特徴的な取引ができて、実際にやってみると非常に面白いもので、しかも例えば、損害を被るような状態の時は、其れを止めるシステムまであるのです。

そして、このFX取引と言うのは株取引のように単純なものではなく色んな取引方法が有り、初心者でも取り付きやすいし判りやすい取引方法があるのです。

■FX取引でバイナリーオプションというのが有る

FX取引の手法の一つにバイナリーオプションというのがあります。 株などの定額、定量取引と違って、最低100円前後からでも投資することができ、また、30分でも結果が出る事もあるなど、短時間で手軽にヤリトリすることができます。

この時の取引の手法として、原資に比べて高いか、安いか、だけで掛け金を工夫する事ができるのです。 ここには若干の先読みといった指標もあり、確率が5割では5分と5分で、負けなのがバイナリーオプションであり、ある程度予想する事で勝率を如何に上げるを工夫できるのがバイナリーオプション取引なのです。
 
此れは何となくギャンブルのような要素含まれますが、確かに、基本的には当たった、外れた、を繰り返していますが、勝率が当初は5割から次第に6割から7割へと確率が増え資金も増やしていくのが成功法とも言われています。
  
ただ、特に初心者の方は、一回勝負で運が付けば大金を稼げるといったものではなく、慣れるまでは飽く迄も少ない金額で始めるべきで、経験している内に慣れてきたら少しづつ金額を増やしてヤリクリするのが、此の取引の妙味なのです。



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »