■FXは稼げるの?稼げないの?

FXは何年も前からブームになった投資で、雑誌で紹介されたり、TVCMもやっているので、FXが何なのかよくわからない人でも、名前ぐらいは聞いたことはあると思います。

このFXですが、「数百万円稼いだ」、「数千万円稼いだ」、「数億円稼いだ」なんていう話をよく聞きますよね。主婦がFXで3年間で4億円稼いで脱税したなんていう事件もあったぐらいです。

その一方で、「数百万円損した」、「数千万円損した」、「数億円稼いだ」という話もよく聞きますし、「自己破産した」という話さえよく聞きます。

たくさん稼ぐ人がいる一方で、大損する人がいます。こんなけ情報が氾濫していると、FXは稼げるのか稼げないのか、どっちなのかよくわかりませんよね?

一体どっちなのか、これから検証していきます。

■FXが稼げる理由

普通、投資で数千万円や数億円を稼ぐには、かなりの資金を必要とします。普通の個人がその金額を稼ぐための資金を準備することは不可能です。

しかし、FXの場合ではそれができてしまうのです。その秘密は、レバレッジです。

レバレッジとは、自分の預けた資金を担保にその何倍もの資金を運用する手法です。例えば、10万円を業者に預けて、預けた10万円を担保に100万円で運用するとします。これは10倍のレバレッジをかけたことになります。

もしこの時に儲けたら、あなたは10万円運輸した時の10倍稼ぐことができます。例えば、1ドル100円で10万円分(1000ドル)買って1ドル101円で売ると1000円儲けられますが、レバレッジ10倍(100万円分)買って(10000ドル)1ドル101円で売れば10000円儲かります。

もちろん、もし損をしてしまたら、10倍損をすることになります…。

■実際にFXは稼げるの?稼げないの?

FXが稼げる理由は、レバレッジです。レバレッジを高くかけて、タイミング良く売買すれば、あなたはどんな投資で稼ぐよりも少ない資金で短期間でたくさん稼ぐことができまます。

しかし、もし判断を誤ってしまうと、一気にお金を損してしまいます。

FXで稼げるか稼げないかは、レバレッジの管理にかかっていると言えます。

いくらまでなら損をしていいのか、それを事前に決めておき、相場が下がってその値段になったら躊躇することなく売ってしまうのです。これは損切(ストップロス)と言います。上で挙げた4億円稼いだ主婦も損切の重要性を説いています。FXで大損する人の多くが、レバレッジを高くかけ過ぎて損切をしていないのです。

もしあなたがFXで稼ぎたいと思うのであれば、レバレッジを高くかけ過ぎず、しっかりと損切をしましょう。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »