私のFXに対するイメージは、やはり一攫千金です。
少ない掛け金でどかっと儲けることが出来る、そういうイメージがあります。

株もそういうイメージがありますが、株は信用取引を使っても(投資金額に比べて)かけられる金額が少ないです。
しかし、FXの場合レバレッジを高めにすれば、投資金額の10倍、20倍の量の通貨を動かすことが出来ます。
このスケールの大きさこそ、FXの真骨頂でしょう。

先物取引も、そういうスケールの大きな取引が出来ますが、FXはそれに比べると安全なイメージがあります。
なぜなら、FXは先物取引と違って、よほどのことがない限り追証を請求されることがないからです。
相場が上下して入金済みの証拠金では支えきれなくなった場合、FXの場合強制的にロスカットされます。
なので、そうめったなことでは追証を請求されないのです。
自分の意思とは関係なく、相場が急変したことで追証が発生し借金を背負ってしまうのが、投資の怖いところですが、FXに関してはそういうことがほぼありません。

正確に言えば、中央銀行の大規模介入などで一瞬のうちに相場が急変すればロスカット機能が上手く働かずに追証が発生することがありますが、そういうレアケースを除けば、追証が発生するケースはほとんどありません。
なので、FXは先物に比べると安全だと言えるのです。

また、FXはインサイダー要素が少ないのも好感を持てる点の一つです。
株の場合取引するものが会社の株というスケールの小さなものなので、裏情報を得て儲けたり、あるいは大金を通じて株価を操作したりといったインサイダーがやりやすいですが、FXの場合、一国の通貨というスケールの大きなものを取引するので、インサイダーは非常に難しいです。

厳密に言えば中央銀行や政府の動きを事前に流してもらうことでインサイダー取引は可能ですが、閉鎖的でスケールの小さい株の取引と比べると、非常にやりにくいことは事実です。
なので、FXにはクリーンなイメージがあります。

と、ここまでFXに対するポジティブなイメージを語ってきましたが、もちろんFXにもネガティブなイメージがあります。
それはレバレッジを上げて投資をする事で、意図せず大損をしてしまうことです。
もちろんレバレッジを下げればそんなことはないのですが、ついレバレッジを上げて調子にのって投資をすることで大火傷する事があるのです。
その点で、FXには怖いイメージがあります。

その辺を総合的に評価すると、FXには肯定的イメージが8割、否定的なイメージが2割というところになります。
FXはいいものだと思いますが、危険性があることも頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »