私は、株式投資はやりますが、FXはやりません。
その理由は、株式投資は、全体のパイが大きくなって、みんなが儲かることがあるのですが、FXは、ゼロサムゲームであり、勝利者がいれば、そこにはかならず敗者もいるわけで、全員が儲かると言うことはありません。

一般的な個人投資家の流れを言うと、株式投資の少額投資から始めて、ビギナーズラックで勝ってしまうのです。
それから、投資金額を増やしていって、相場が下がった時に、一気に損失が拡大すると言うパターンです。
そして、その損失を取り返そうとして、FXでレバレッジを掛けて、大勝負に出る、というパターンでしょう。

そして、とんでもない損失を計上してしまうことになるのだと、思います。
それで、私としては、FXは、正直に言って、難しいと思います。

でも、一方では、FXで、大儲けをしている人がいるのも事実です。
先ほども言ったように、FXには、大きなレバレッジを掛けて勝負することが出来ます。
少額の資金に、多大なレバレッジを掛けて、運よく、数千万円にした人もいますし、数億円にした人もいます。

FXは、そういう意味では、ギャンブルであり、株式投資以上に、心が高揚することがあると思います。なんせ、数十倍のレバレッジを掛けて、投資をすることができるのですから。

私も、心揺れることがあります。
FXは、世界の経済のイベント事によって、大きく変動することが、知られています。
例えば、日本でいえば、日銀政策決定会合を終えての、日銀黒田総裁のスピーチ。
ここで、量的緩和の発表や、マイナス金利の発表をすると、即座に、為替は動いて、FX相場は、おおあらわになります。
例えば、アメリカであれば、FRBのイエレン議長の利上げの発表などで、為替相場は、大きく変動します。

FXには、本当に、魔物が住んでいると思います。
チャートを見ると、その恐ろしさが分かると思うのですが、なにか、イベントがあると、急上昇、急降下は当たり前ですし、素人投資家が、投資銀行当たりと、対等に渡り合えるとは思えません。

FXは、外国為替証拠金取引といいますが、アルファベットで省略して言うと、カッコいいし、若者も、そのレバレッジと、かっこよさとで、新規参入してくる人が、後を絶たない状態だと思います。

でも、私は、FXは、一生涯やらないと思います。手続きはしてあり、いつでもできる状態にはありますが、レバレッジそのものの怖さを知っているので、レバレッジを掛けた投資はすることはないでしょう。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »